復縁祈願 恋愛相談 東京都 法華経寺住職

人生相談・お悩み解決のスペシャリスト、霧島山法華経寺住職です。私の人生相談は嬉しい事に好評で、電話相談がとても人気があります。あなたの悩みは必ず解決し、あなたの幸せは必ず実現します。

復縁祈願の駆け込み寺 法華経寺住職 神宮司龍峰 電話相談 人生相談 08050090055 占い師

離婚トラブルです。離婚相手への手切れ金についての相談です。32歳、男です。結婚期間は1年半、不貞行為なし、子供なし。嫁は怠慢で一般常識が乏しく、感覚が通常の人と異なるところが多々あります。現在実家で別居中。金銭トラブルについて。離婚の理由はよくあることではありますが、性格の不一致です。専業主婦でありながら家事をほとんどしない嫁、毎晩10時に帰宅しても風呂掃除をして沸かす私。一番風呂は嫁。朝は嫁を起こさないようにこっそり仕事に出かける毎日。そんな毎日がほんとに嫌でたまらず2013年8月に別居させ、9月頃に離婚しようと申し立てました。しかし、10月に妻の弟の結婚式があるから10月末まで待ってほしいと言われたので10月末に離婚しようということになりました。8~10月別居期間中、キャッシュカードを渡していたので妻は実家で私のお金で生活していました。離婚の手切れ金は、結婚してから貯金した300万円を2等分して150万円を相手に支払うことで話がついていました。10月末に嫁は私のキャッシュカードから150万円を引き出しました。しかし、10月末になると突然離婚は嫌だと言いだされました。理由は世間体と専業主婦をしていたので職がないことです。話が違うじゃないかということで手切れ金を一旦カードに戻し、私のアパートに返却させるよう命じました。後日、キャッシュカードは戻ってきました。嫁を信用していたのかうかつにも、手切れ金150万がきちんと返済されているのを確認せずにキャッシュカードを今日まで引き出しにしまっていました。11月以降も別居をしていて、嫁は婚姻費用分担申立てを調停に申請し毎月9万円の生活費の支給を求めてきました。しかし、私は離婚したかったので私は生活費の支給をするのではなく、離婚したい。払うとしたら生活費ではなく手切れ金だという話を調停で話しました。結局、貯金した300万の2分の1を再度支払い、さらに精神的苦痛(?)で110万円上乗せた計260万円を請求されました。離婚したかったので支払に応じました。調停当日の今日260万円を嫁の口座に即振り込みました。不覚にもその時、気付いたのですが嫁は10月末に150万円を返済していませんでした。嫁に急いで電話で、今回の260万円と150万円で計410万円支払ったことになるから150万円は返済してほしいと訴えました。しかし、嫁は410万円いただかないと離婚には応じないと言い出しました。憤慨した私は、嫁のご両親に電話し150万円を返済しないのであればその旨を私に納得できる形で父親から説明して私を納得させてほしいと伝えました。この場合、2重支払いになっている150万円分は常識的に見て返してもらえますよね?どこに訴えたらよいのか。悔しくてなりません。

法華経寺 公式ホームページ】
http://jingu-ji.com/
【電話でのお問い合わせ】
080-5009-0055・法華経寺住職・朝9時~夜9時

f:id:kazu1700004:20161218180018j:plain

f:id:kazu1700004:20161219152944j:plain

f:id:kazu1700004:20161219164126j:plain

f:id:kazu1700004:20161220125647j:plain

f:id:kazu1700004:20161226220435j:plain

f:id:kazu1700004:20161231220942j:plain